Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/67-1dbcad81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

着彩

色塗りが苦手で、
特に色がバラけるのでそれを防ぐために
地色を入れてから着色している。
そうするとまとまった感じになる。

昨年9月頃、何枚か地色なしで描いてみた。


奇術師N氏の世界
「奇術師N氏の世界」

猛獣使いO氏の場合
「猛獣使いO氏の場合」
(キャプション)
憧れの太陽は、謎めいた月を追っている。


色が浅くてまとまりがない。
が、世界観にはあっているのかなーと思う。


線画は好きだが着彩はなあ。
学生さんだったころ、
デッサンが苦手だったのを思い出す。
デッサンと着彩に何の関係があるかと言うと。

通っていた学校ではデッサンについては
形を線でとらえるのではなく、
面・塊として塗りこんでいくという、
どちらかというと古典的な指導を行っていたのだ。
色も光も影も、鉛筆で塗りこんで表現する。
ものは線ではなく「光と影で成り立っている」。
という観点から対象を観察せよ、という。
「古典的な指導」はまさに「基本」で、
日本に洋画が入ってきたころの考え方だと聞いた。

「色塗りは仕上げ」だと思っていた自分には
なかなか衝撃的なことであった。
デッサンも作品も、
「線を引いて色を塗って仕上げたら終わり」
ではなかったのだ。

線はアタリみたいなもの。
光と影(或いは色)で構築する。
実力のない自分にとって構築するのは難しい。
だから、線画までは行けても着色は難しい。

デッサンのとき黒で塗りこむことを
「色を塗る」と表現していたのを思い出した。
白~灰~黒のバリエーションで色を表現。

昔のほうが確実に今より絵がうまかったと思う。
メンタル病んでから全く描けなくなった。
が、再び描けるようになってから少しずつ取り戻している。
再発見したり、
当時理解できなかったことを発見したりしている。


それにしても。
上の2枚の絵は、「不安定」だなあと思う。
もっと状況が悪い時に描いた絵は、
もっと稚拙になっている。
時系列に並べると精神状態が見えておもしろい。

今の気分はまあまあです。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/67-1dbcad81

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。