Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/63-ea6a8995

トラックバック

コメント

[C110]

最近の絵に共通する感想ですが
やわらかな表情ですね。

「Dialogue with the stars」も
尖っていなくて軽く聴けます。
満天の星を見上げているような気分って
いいですね☆

  • 2014-10-16 00:42
  • 香楓
  • URL
  • 編集

[C111] 香楓さん

ありがとうございます、
やわらかな表情、そうかも…!
無意識の緊張状態から解かれたからでしょうか。

へヴィなんだけど結構優しい曲ですよね。
満天の星を見上げて語り合う、
そんな気分で音楽を聴き絵を描く。
幸せです。
  • 2014-10-17 17:15
  • fall7km
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

星との対話

Dialogue with the stars
Dialogue with the stars

スウェーデン出身のメロディックデスメタル(当時)バンド、
IN FLAMESのアルバム「Whoracle」(1997年)より、
「Dialogue with the stars」。

「Whoracle」は非常に好きなアルバムのひとつで、
今でもときどき発作的に3周くらい聴いてしまう。
全編コーラス(いわゆるサビ)かというくらいメロディがあふれている。
ボーカルはいわゆるデス声だが、
咆哮型というか、割と聴きやすいほうだと思う。

「Dialogue with the stars」はボーカルのない、インスト曲。
タイトルはバラードっぽいが、ミドルテンポの曲である。
結構サクサク進行する曲。
個人的な感想だが、聴いていると、
平原で満天の星を見上げているような気分になる。
流麗なギターが心地よい。

このころぐらいまではどんなに音をゆがませても
ギターの繊細さを感じる。
これ以降は、音が力強くなっていく。

多くの曲を書いているギタリスト、
イェスパー・ストロムブラード。
本当に繊細な人で、
インタビューの途中で緊張のあまり倒れてしまうほどだった。
最近はインタビューに応じることもあるようだが、
初期のインタビューは貴重です。
のちにアルコールの問題を抱えたりして、
IN FLAMESを脱退。
今は元気に活動してはるようです。

IN FLAMESはすっかりワールドワイドになり、
イェスパーも自分の道を歩み、
初期IN FLAMESの面影はなくなった。
しかし、IN FLAMESは後続のバンド群に
絶大な影響を与えている。
IN FLAMESやDARK TRANQUILLITYなど、
イエテボリのバンドたちが中心になって作り上げた、
いわゆる「イエテボリサウンド」の影響は、
今でもたくさんのバンドたちから感じることができる。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/63-ea6a8995

トラックバック

コメント

[C110]

最近の絵に共通する感想ですが
やわらかな表情ですね。

「Dialogue with the stars」も
尖っていなくて軽く聴けます。
満天の星を見上げているような気分って
いいですね☆

  • 2014-10-16 00:42
  • 香楓
  • URL
  • 編集

[C111] 香楓さん

ありがとうございます、
やわらかな表情、そうかも…!
無意識の緊張状態から解かれたからでしょうか。

へヴィなんだけど結構優しい曲ですよね。
満天の星を見上げて語り合う、
そんな気分で音楽を聴き絵を描く。
幸せです。
  • 2014-10-17 17:15
  • fall7km
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。