Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/61-fb66f747

トラックバック

コメント

[C104]

PVを見ましたが アルバムはどのような終わり方なのでしょう。
あまりにも唐突に終わってしまったので
これは投稿者の都合かと思いました。

曲はとても不安定な感じですね。
ドラムはしっかりリズムを刻んで
ギターは二音の単調な繰り返し
そこにあのベース
不安定な音の流れ?
ベースが中心になっていて周りが沿っていく感じ…
なんとも落ち着かないような
それなのに後まで記憶に残る
不思議な曲でした。

歌詞がなんと語っているのかわかると 聴こえ方も違ってくるのかもしれませんね。
と メタル初心者の単純な感想でした。
  • 2014-08-27 01:11
  • 香楓
  • URL
  • 編集

[C105] 香楓さん

切れてますね、ほんの数秒。2~3秒くらい。
でも、アルバムでもほぼ同じような終わりです。
若干の余韻?があるくらいで、唐突に終了です。
印象はあんまり変わらないです。

なんていうか、安定しているのに不安定で、
深く落ちていく流れで、
初めて聞いたのがまた深夜ラジオだったので、
ものすごく妙な心境になりました。

DANZIGもそうなんですが、
自分にとってはNIRVANAやKING CRIMSONなども
深夜に聴くと「くる」ものがある音楽です。
この辺を深夜に聴いていると変なテンションになって、
深夜徘徊や早朝徘徊していた時期もありました…。
今ではいい思い出ですがw

歌詞のテーマ自体は「心を閉ざす」的な、
少なくともメタル界隈では時折耳にするものなのですが、
表現がもう…。
端的で、心を押しつぶすようなものです。
そしてこの曲。
改めて、DANZIGは異端であると思います。
  • 2014-08-29 21:32
  • fall7km
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

話せない

話せない
CANTSPEAK

が絵のタイトル。


グレン・ダンジグ率いるDANZIGは、アメリカのバンド。
彼らのアルバム、「DANZIG 4」に収録されている『CANTSPEAK』。

初めて聞いたのは深夜ラジオでだった。
不安になる、でも安心できる、控えめな激情、
矛盾しているがそんなことを感じた。
曲は唐突に終わる。
それは、『死』を感じさせる終わり方だった。
肉体的な死か、思考の死かはわからないが、そう感じた。


朝になって店が開く時間に速攻でCD買いに行きましたさ!
そうしたら、アルバム自体が素晴らしかった。
当時は1曲買い結構してたなあ、今より金ないのに。
あたりもはずれもありましたが。


この曲のPVがあるのですが、なんかおもしろいw
PVでは割とはっきりしたメッセージ、
社会的というか政治的というかそんな感じを打ち出しているのですが、

歌詞を読みながら曲を聴いてみると、
もっと抑鬱的で、(社会に対しての)個人を感じさせ、
とても内省的に思える。
そしてとても社会的で、普遍的な印象も持つ。

先ほども書いたように本当に矛盾した感情を覚えるが、
それはアルバム自体、というかダンジグ自体が
アメリカの社会の矛盾を突くような存在であることと関連していると思う。

CANTSPEAKの歌詞に、

 しゃべれない
 話せない

 …
 話すものか

とあるが、今まさに自分自身の心境のようで、
話す代わりに絵を描いてブログを記してみた。
別に問題とか何もないんだよ、あるけど。と思う矛盾。

でも、誰もが言わないだけで、
同じような感情を抱えて生きているのだと思う。
みんな強いよね。

強くはなれなかったが、なんとかなっている。
人生そんなものなんだろうか。


しかしこの曲のビデオ、
NHK教育とかで流れそうな雰囲気もあって、
なんていえばいいのだろうww

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/61-fb66f747

トラックバック

コメント

[C104]

PVを見ましたが アルバムはどのような終わり方なのでしょう。
あまりにも唐突に終わってしまったので
これは投稿者の都合かと思いました。

曲はとても不安定な感じですね。
ドラムはしっかりリズムを刻んで
ギターは二音の単調な繰り返し
そこにあのベース
不安定な音の流れ?
ベースが中心になっていて周りが沿っていく感じ…
なんとも落ち着かないような
それなのに後まで記憶に残る
不思議な曲でした。

歌詞がなんと語っているのかわかると 聴こえ方も違ってくるのかもしれませんね。
と メタル初心者の単純な感想でした。
  • 2014-08-27 01:11
  • 香楓
  • URL
  • 編集

[C105] 香楓さん

切れてますね、ほんの数秒。2~3秒くらい。
でも、アルバムでもほぼ同じような終わりです。
若干の余韻?があるくらいで、唐突に終了です。
印象はあんまり変わらないです。

なんていうか、安定しているのに不安定で、
深く落ちていく流れで、
初めて聞いたのがまた深夜ラジオだったので、
ものすごく妙な心境になりました。

DANZIGもそうなんですが、
自分にとってはNIRVANAやKING CRIMSONなども
深夜に聴くと「くる」ものがある音楽です。
この辺を深夜に聴いていると変なテンションになって、
深夜徘徊や早朝徘徊していた時期もありました…。
今ではいい思い出ですがw

歌詞のテーマ自体は「心を閉ざす」的な、
少なくともメタル界隈では時折耳にするものなのですが、
表現がもう…。
端的で、心を押しつぶすようなものです。
そしてこの曲。
改めて、DANZIGは異端であると思います。
  • 2014-08-29 21:32
  • fall7km
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。