Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/24-12e3c151

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

紙の城から抜け出す

健康診断
絵のタイトルは、
『初夏の健康診断と住人調べ』
SENTENCEDについて描きたいなあと思うのですが、
まだ風がさわやかなうちにこの絵をあげてみた


子供の頃、自然科学系が大好きだった

しかし本が友達だった
いろんな本を読んだ
何冊も何冊も本を読んだ
寝る間も惜しんで読み続けた
何もかもが嫌いになっても、本は裏切らなかった
常に自分だけに世界を見せてくれた
活字は興味の的で、
読めさえすれば何でもよくて、
辞書や電話帳も読んでいた
人と話さないから、イントネーションがおかしかった
よく笑われたから、
余計に話さなくなった

本の世界は、
脳内に薄く薄く堆積していき層になった
層はやがて脳を侵食していく
脳には黒い縁取りのある穴があく
黒い縁取りは、
活字の集合体で
はらはらと崩れた

経験を伴わない知識は脆弱で、
あっさりと崩れる
全てを取り払ったらすっきりする

今はほとんど本を読まない
読むのはだいたい提出書類の添付資料だ
本の世界については、
全てを知って、すべてを忘れた
まっさらな頭は現実を知る

本が教えてくれた通り、人生は辛い
本は説明書
その通りに動けばそれなりの人生が送れるだろう

しかし他人の能書きに従う必要はない
好奇心と、ちょっとした反抗心があれば、
本を超えた
知識を超えた
世界が待つことに気づく
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://seventhroute.blog.fc2.com/tb.php/24-12e3c151

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。